日本の夏

海外に住んでいる私は、夏になるといつも子供達を連れて日本に帰ってきます。
私は日本の夏はとにかく暑いけれど大好きです。
それは夏にはお祭りがたくさんあるし花火大会の花火が見れて、セミやヒグラシの鳴き声が聞こえて、温泉の露天風呂から眺める青緑の木々の葉、川のせせらぎ。

そして夏の食べ物ではそうめんや冷やし中華、汗をかきながら食べるラーメン、カレー、スイカやイチゴ練乳がけのかき氷。
そして私的に夏だなぁともっとも感じることは、外はものすごく蒸し暑いのに、エアコンが効いたデパートやコンビニエンスストアに入るとスーッと解放された快適な気持ち。
こんな日本の夏ならではの体験を子供達に教えてあげたくて毎年飛行機に乗って頑張って連れてきています。

今年初めてバニラアイスを食べた

この前、今夏初めてのバニラアイスを食べました。
忘れかけていた味でしたがしっかりと思い出すことが出来て美味しく頂きましたし、体をクールダウンすることも出来て今さらですが夏場のアイスって本当に素晴らしいなと思ったものです。
昨日の話ですが街のケーキ屋さんで1個250円のシューアイスを売っていました。

別に店の中に入って見たわけではなく、たまたま店の前を通りかかった時に窓に貼ってあったポスターを見ただけなのですが、私にとっては少々お高い値段でした。
冒頭に食べたアイスは1箱に幾つも入っているミニサイズの物で、1個あたり40円ほどだと思います。
高いシューアイスはどんな味をしているのだろうと気にはなりますが、とりあえず40円ほどのバニラアイスでも十分美味しかったので、今後も安物で満足すると思います。

40円ほどだと量も多からず少なからずで良い感じでしたしね。

冷房は涼しいんだけれど

ここのところの夏の暑さは尋常ではありません。
ともすると体温以上の暑さだったりして閉口してしまいます。
そしてその暑さを力でねじ伏せるが如くの冷房。

確かに涼しくて気持ちがよかったりします。
でも、3年前に大きな手術をしてからはいけません。
身体が一気に冷えてしまって途端に具合が悪くなります。

夜なども暑がりの家内の横で一緒に寝ている私は冷房で冷やされてしまい、朝になってよく「冷たくなってる」って言われ、まるで死人のような扱われ方です。
今も、自室の冷房の当り具合の調整のために、部屋の模様替えをしなければいけない事態になっています。

ヒマワリの笑顔

去年の夏、家の前に祖父がヒマワリの種を植えました。
たくさんのヒマワリが咲くと、登下校中の子供達がワイワイと喜んでいました。
今年は祖父がけがをしてしまったので、園芸ができずにいたので、私は去年の事を思い出してヒマワリの種を買ってきました。

園芸コーナーに行くと、色んな種類の種があったのですが、背の低いタイプの品種にしました。
7月にポットで苗を作って、家の前に植えました。
8月に入るとぐんぐんと成長し、ようやく花の形が見えてきました。

そういった姿になると、通りがかりの近所の人が声をかけてくださったりします。
これから花が咲いて、子供達が喜んでくれる姿を楽しみにしています。

クーラーをつけるかつけないか…

私は寝るときにクーラーをつけるのが苦手で、どんなに暑くてもタオルケットをかぶって寝ないと安心できないので、結婚してから、この部分で初めて主人と寝ることに苦痛を、感じることになったんです(笑)主人はなによりも暑がりでクーラーをつけないと眠れないタイプ。
共働きではあるけど、主人の方が長く働いてるし、しっかり眠ってほしいと思い、我慢するとたいがい次の日私は、頭が痛くてクーラー病になる…という状態です。
でも、別々に寝るなんて考えられないし、結局、夏の間は私が我慢してタオルケットをかぶり、クーラーの当たらない壁の端っこの方でかろうじて一緒に寝る…という決意をしました^^;これが、子供がおおきくなるにつれてみんなが暑がるようになり私の立場はどんどん小さくなるばかり。

これが私の夏の一部です(笑)。

嫌いな水泳の授業でしたけど

夏と言えば水泳ですが、私が育った場所は岩手県の三陸沿岸でした。
もう40年以上も前の話ですけれど、今でこそ学校にプールがありますけれど当時は無くて、小中学校の体育の水泳の授業は、海までの2kmを海岸まで歩いて行き、1日を海で過ごすというものでした。
その日のうちに一度は海水に浸からなければなりませんでしたが、特に泳がなくても、砂遊びや甲羅干ししていてもなんの注意もされませんでしたから好い加減なものでした。

当日霧が出たら中止、雨が降っていても中止でした。
ひと夏に1回しかなかったので、泳げない私には嬉しかったものです。
ところで先生方はどうやって水泳の授業の採点をしたのでしょうね。

真夏の食事用意

真夏に食事の支度をする事はどんなに大変な作業であるかやっている人でないと分からないと思います。
ちょっと動くだけでも汗が流れるというのに、動きながら火を使うのです。
これでは汗が流れるという表現では足りません。

いつも食事の支度を終えた頃には私自身はぐったりとして食欲もなくなってしまっているという状態なのです。
せっかく作ったものも自分では食べられないというこの空しさ。
これだけ動いて汗をかき、食欲も半減、さぞかし痩せた事がろうとちょっぴり期待はするのですが、年とった体で代謝が悪いようで体重はほとんど変わらないという理不尽さ、夏はちょっと苦手です。

涼しさを得る為に浴衣を着るようになりました

今年の夏はカラッとした暑さというより、何だか熱帯雨林にいるようなジメジメ感がありますね。
我が家では節辛い日もあります。
そこでちょっとでも涼しさを感じられるように、窓際に風鈴を取り付けて家の中では浴衣で過ごすようになりました。

浴衣って最初は着付けが大変かなと思っていたんですが、慣れると簡単ですし生地も薄くて本当に涼しいんですよ。
それに汗も吸いやすくて、今まで洋服を着ていて出来た汗疹も出来なくなりました。
今度、外出用の浴衣も買おうかなと考えています。

夏って暑くて嫌になりますが、ちょっとの工夫で楽しめるものなんですね。電の為になるべくクーラーをつけないようにしていますが、窓を開けていてもあまり風が入って来なくて息をするのも

今夜は冷えますね

すっかり秋の訪れでしょうか。

今夜は冷え込んでいます。

 

何だか肌寒い限りですが、

布団をかぶって風邪を引かないようにしないとですね。

 

 

久しぶりの海

先日家族で地元の海へ行ってきました。
自宅から海までは車で1時間程かかるので、年に数回しか行く事はないのですが、友人夫婦と一緒にバーベキューをしに行こうという話が出たので、とても楽しみにしていました。
海へ着いて、駐車場に入ると平日だからなのか、そんなに混んでいませんでした。

バーベキューセットや材料を出して夫達が組み立てている間、私達女性は材料の用意をしました。
野外でのバーベキューなんて、子供のとき以来だったので、とても楽しかったです。
子供はいないので、海へは少しだけ浸かるくらいでしたが、久しぶりの海の匂いと風を感じて幸せな1日でした。